誉めると現れるの常識に限界を感じる今

どちらかと言うと厳しく怒鳴られ、はったおされながら育った私にとって誉めて引き伸ばすという指図に最初から反対があったのかもしれません。

それはわが子供に対してもそうですし、勤め先機会のキャラクター習得にも当てはまります。

子どもが一所懸命描いた絵画を『強い得手!ファッショナブルね!』と称えるのですが、事後が途切れるんですね。
勤め先の後輩にも『さあ!やったじゃん!出かした!』と素晴らしい盛り上がりで称えるのですが、そこまでなんですよ???。

実質、自分の邪魔なんですが、ボキャブラリーが足りないというか、いざというときにお客様が『ありがとう!今度も頑張ります!』と内心みたいな力を引き出せるワンポイントが出ないんですよね。今の最大の苦痛でして、個人磨きに余念がありません。

本人啓発ニュースを読んだり、ネットで調べたりと努力するのですが、何だか思うようにいきません。お客様がキャラクターなのでこうあるべきという性質がいるわけではないと思いますが、受け答え見い出しにやきもきしてある。

お客様を思いやり大事にする怒りが育てて引き伸ばすコツなんでしょうね。脱毛ラボ かしょ