気持ちを取り直して、歩き出しました。そして、素敵なことの前触れ

外は、天気が悪かったのでした。小雨が降りだしてきて、傘を差しました。傘を忘れないでいたことは、幸運でした。
交通費を安くしたいが故に、1駅分歩き出しました。この頃、よく歩いてしまっています。駅に着きました。少し、券売機は混んでいました。回数カードを使いました。残高の記録を、ちらりと見ては、少しショックを受けてしまいました。この次は、きっといいことがあると、心の中で、言い聞かせました。私は、気持ちは、明るく保っています。性格は、明るいのです。電車来ました。ここでは、雨に濡れませんでした。座って移動が出来ました。暑さからは、身が守れたようでした。このような移動が出来たことが、幸運の一部かもしれません。
また、交通費を安くしたいがために、目的地よりも、1駅手前で降りるはずが、この時は、乗り過ごしてしまいました。不思議な出来事でした。結局、終点まで行ってしまい、そこで、電車が止まってしまって、降りました。アイフル バレない

原チャリで自由気ままなピクニックにはまってます

小児が学徒時代に乗っていた原チャリがやや家に放置した通りとなっていたので、廃車にするのも惜しいと思い、近くのホームセンターでヘルメットを購入し気象の良い日に出かけてみました。
最初の頃は久方振りの原チャリのドライブなので、近所のコンビニなど余裕程度の開きで乗っていましたが、近々慣れてきたのでちょっと遠出をしてみました。愛車のドライブでは感じ取る趣旨の無い新鮮な感じを正面から浴びながらの引越しは、大いに快適で気持ちが良いことに驚きました。
以来、快晴週末は行先も何より決めず、今日は南の者とか横表通りまで心がけるかとか自由気ままなプチツーリングを楽しんでいます。
愛車とは足取りが違うのと、その分限界が広くなるせいか、「あんなとこにラーメン屋ちゃんが出来たんだ」とか「そんな歩廊あったかな」とか、出掛けるたびに新しい発見があっていやにおかしいですよ。
女の子には「若々しくないんだから、過信してトラブルにあわないようにね」としょっちゅう注意されていますが、これまでで毎日の極上走行距離は誠に120kmだ(笑)。
これからも、トラブルには心がけながら、原チャリのトリップを満喫していきたいと思います。キレイモ 9500円