公の支配や審査のノーマライズなどについて学習

リレーショナル形式データベースなどについて訓練しました。リレーショナル形式データベースは、表形式で値を管理する結果、表計算ソフトと同様に行(レコード)の整列、参照、抽出などの作業をすることができます。リレーショナルデータベースで値を管理するには、値を記録する前面を主旨する必要があります。こういうときの主旨が適切でないと、値の献上・訂正・割愛などのときの値指揮に不具合が見つかるケー。値を操作する際に不具合が生じないみたい、効率的な前面を主旨やる工程を値のノーマライズといいます。リレーショナルデータベースは、仲アルゴリズムとよばれる作業により前面の中から必要な値を必要な形で取りだすことができます。仲アルゴリズムには代替え、射影、化合の3つがあります。値を取り出すときに作られる新規前面は、本当に値を保存している前面(実前面)から作られた見かけ上の前面で、ビュー前面とよばれます。実前面は、最初前面ともよばれます。ビュー前面は、予測前面ともよばれます。リレーショナルデータベースについてさらに分かりたくなりました。産後 サプリ